IoTCanvas 利用規約

利用規約

IoTCanvas利用規約(以下「当規約」といいます。)は、IoTサービス「IoTCanvas」(以下「当サービス」といいます。)の利用に関して、IoTBASE株式会社(以下「当社」といいます。)とサービス利用者との間の権利義務関係を定めるものです。当サービスをご利用いただく際は、当規約の全文をお読みいただいたうえで、当規約に同意いただく必要がございます。

第1条 (適用)

1. 当規約は、当サービスの利用に関して当社とサービス利用者との間の権利義務関係を定めることを目的として、当社とサービス利用者との間の当サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2. サービス利用者が当サービスを利用することで、当規約に同意したものとみなします。

第2条 (定義)

当規約におけるそれぞれの用語の意味は次のとおりとします。

(1) 「利用者」とは、第3条に基づいて当サービスの利用者として登録がなされた個人または法人をいいます。
(2) 「利用対象者」とは、GPS等のIoT機器を保持し、位置情報等の当該センサー情報を当サービスに送信し記録される自然人または有体物として、利用者が当サービスに登録したものをいいます。
(3) 「サービス利用者」とは、利用者および利用対象者の総称をいいます。
(4) 「提携事業者」とは、当社または当社にライセンスしている第三者が当サービス提供のために契約している事業者をいいます。
(5) 「IoT機器」とは、提携事業者から提供され、当サービスの利用のために利用対象者が保持するセンサー端末その他の機器をいいます。
(6) 「登録事項」とは、当サービスの利用のために利用者が当社に提示する、利用者に関する情報(当該利用者の個人情報を含みます。)をいいます。
(7) 「事業者環境」とは、提携事業者が運営、管理、製造または販売するもので、サーバー、ネットワーク、IoT機器等を含み、当サービスの提供のために利用される設備、環境、機器等をいいます。

第3条 (利用者登録)

1. 当サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、当規約を遵守することに同意し、当社所定の方法にて登録申請を行います。

2. 当社は、前項の申請を受け取ったときは、当社が定める基準に従い、登録希望者の登録可否を判断し、登録を認める場合は、すみやかに当該登録希望者に通知します。当該通知をもって、利用者として当サービスを利用することが可能となり、登録手続きは完了いたします。

3. 当社は、登録希望者が、以下の各号に該当すると判断した場合は、登録および再登録を拒否することができます。この場合において、その理由について一切の開示義務を負いません。

(1) 登録希望者が当社に提示した登録事項に誤記、記載漏れまたは虚偽があった場合
(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意を得ていなかった場合
(3) 第20条第1項に規定する反社会的勢力である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営もしくは経営に関与もしくは協力している等、反社会的勢力と何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(4) 過去に当社から登録解除された者である場合
(5) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第4条 (登録事項の変更)

1. 利用者は、登録事項に変更があった場合は、すみやかに当社所定の方法にて変更または届出を行わなければなりません。

2. 前項の変更または届出がないために、当社からの通知または送付書類が延着し、または到着しなかった場合には、通常到着すべきときに利用者に到着したものとみなします。

第5条 (ID、パスワードの管理)

1. 利用者は、自己の責任において、当サービスに関するIDおよびパスワードを適切に管理および保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をすることはできません。

2. IDまたはパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって損害が生じた場合でも、当該利用者がすべての責任を負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第6条 (利用対象者の登録)

1. 利用者または当社は、当サービスに利用対象者を登録することができます。ただし、当社が利用対象者を登録できるのは、利用対象者本人もしくは当該利用対象者の法定代理人、後見人、保佐人、補助人から委託された場合、または、当社が、当該利用対象者が自己を登録することが困難であると判断した合理的事由がある場合に限ります。

2.前項により自然人を登録する場合は、当該利用対象者本人の同意を得たうえで登録してください。当該利用対象者が未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人である場合は、本人の法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意を得なければなりません。

第7条 (利用者の義務)

1. 利用者は、利用対象者に対して、当規約を遵守するよう指導監督しなければなりません。

2. 利用対象者が第9条第1項または第3項に違反したときは、当該違反につき当該違反者を登録した利用者が責任を負うものとします。

第8条 (料金)

1. 利用者は、当サービスの利用の対価として、当社が別途定め利用者に提示する利用料金を、当社が指定する方法にて当社に支払うものとします。なお、支払に要する手数料は、利用者の負担とします。

2. 利用者が前項の支払を遅延した場合は、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第9条 (禁止事項)

1. サービス利用者は、当サービスの利用に関して、次の各号に掲げる行為を行ってはなりません。
(1) 不正アクセス、第三者のID、パスワードの利用その他これらに類する行為
(2) 事業者環境および当サービスのシステムに支障を与える行為
(3) 当サービスの運営を妨害する行為
(4) 技術的手段を利用して当サービスおよび事業者環境を不正に操作する行為
(5) 第三者の個人情報、登録情報、センサー情報、利用履歴その他のデータを不正に取得、収集、開示または提供する行為
(6) 前各号のいずれかに該当する行為を助長または援助する行為
(7) その他、当社が不適当であると判断した行為

2. 利用者は、次の各号に掲げる行為を行ってはなりません。
(1) 利用対象者に関する虚偽の情報を登録する行為
(2) 本人(法人、団体においては適切な権限を持つ者。個人においては本人の法定代理人、後見人、保佐人、補助人を含みます。)の同意無く、利用対象者を当サービスに登録する行為
(3) 利用対象者に対し、詐欺または脅迫その他法令に違反する行為により当サービスを利用させる行為
(4) 利用対象者として登録していない者に IoT機器を保持させる行為
(5) その他、当社が不適当であると判断した行為

3. 利用対象者は、故意または重過失により IoT機器を破損、遺棄、紛失等することはできません。

第10条 (当サービスの一時停止等)

1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、サービス利用者に事前に通知することなく、当サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができます。
(1) 事業者環境の点検または保守を緊急に行う場合
(2) 事業者環境の全部または一部が事故等により停止した場合
(3) 地震、落雷、停電、火災、風水害、天災地変その他の不可抗力により当サービスの提供または運営ができなくなった場合
(4) 当社と当サービスに関するライセンサーとの協議により必要となった場合
(5) その他、当社がやむを得ず停止または中断が必要であると判断した場合

2. 当社は、利用者に、当社指定の方法により、事前に通知することにより、当サービスの提供を終了することができます。

3. 当社は、前2項に基づき当サービスが停止、中断または終了したことによりサービス利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第11条 (知的財産権)

1. 当サービスに関する知的財産権はすべて当社または当社にライセンスしている第三者に帰属しており、当規約に基づく当サービスの利用許諾は、当社または当該第三者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2. 当社は、当サービスについて、第三者の知的財産権を侵害していないことにつき、何らの保証をいたしておりません。

第12条 (登録抹消等)

1. 当社は、利用者および当該利用者が登録した利用対象者(以下本条において「利用者等」といいます。)が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、当該利用者等について当サービスの利用を一時的に停止し、または登録を抹消することができます。
(1) 当規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 第3条第3項各号に該当する場合
(4) その他、当社が当サービスの提供を継続できないと判断した場合

2. 前項の規定により利用者等としての登録が抹消された場合、当該利用者等は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、ただちに当社に対して全ての債務を履行しなければなりません。

3. 第1項に基づき利用者が登録抹消された場合、当該利用者が登録した利用対象者についても、当サービスから登録抹消されるものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により、利用者等に生じた損害について、一切の責任を負いません。

5. 利用者等が、第1項各号のいずれかに該当したことにより、当社が損害を被った場合は、当該利用者等は、当社に対し、当該損害(間接損害、特別損害、裁判費用および合理的な弁護士費用を含みます。)を賠償する義務を負うものとします。

第13条 (解約)

1. 利用者は、当社所定の方法で当社に通知することにより、当サービスの利用を終了し、自己の利用者としての登録を抹消することができます。なお、当該登録抹消により、自己が登録した利用対象者についても、登録が抹消されることに同意したものとします。

2. 前項の規定により登録を抹消する場合、当社に対して負っている債務があるときは、利用者は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、ただちに当社に対して全ての債務を履行しなければなりません。

3. 登録抹消後の利用者および当該利用者が登録した利用対象者に関する情報は、第16条の規定に従うものとします。

第14条 (免責)

1. 当社は、当サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、仕様または性能の不具合、位置情報の正確性、エラー、セキュリティに関する欠陥などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証いたしておらず、サービス利用者に対して、かかる瑕疵を除去して当サービスを提供する義務を負いません。

2. 当サービスに関連してサービス利用者間または第三者との間において生じた紛争等については、当社は一切の責任を負いません。

3. 当社がサービス利用者に対して損害の賠償責任を負う場合であっても、当社は、当該損害につき、過去12ヶ月間に利用者(賠償先が利用対象者である場合は、当該利用対象者を登録した利用者)が当社に支払った対価の総額を上限とし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、一切の賠償責任を負わないものとします。

第15条 (秘密保持)

サービス利用者は、当サービスに関連して当社がサービス利用者に対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。

第16条 (サービス利用者に関する情報の取扱)

1. 当社は、当サービスの運営に関し、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従う他、以下の各項で定める規定に従って取り扱うものとします。

2. 当社は、当サービスの運営に関し、利用者から次の各号の情報をご提示いただきます。
(1) 利用者自身の氏名、住所、メールアドレス等の情報
(2) その他、当社が定める入力フォームにおいて利用者が入力する情報

3. 当社は、サービス利用者が当サービスを利用する場合、次の各号の情報を自動的に収集します。
(1) IoT機器のセンサー情報
(2) 当サービスにアクセスしている端末の情報(Cookie、端末ID等を含みます。)

4. 当社は、前2項で取得する情報について、次の各号の目的のために利用します。
(1) 当サービスの提供(登録、受付、本人確認、利用料金の計算を含みます。)
(2) 当サービスに関する問い合わせへの対応
(3) 当規約に違反する行為への対応
(4) 当規約の変更などの通知
(5) 上記各号の利用目的に付随する利用目的

5. 当社は、本条の規定により取得した情報について、前項で規定する目的のために利用し、本人の事前の同意がある場合および次項で規定する場合を除き、第三者に提供することはございません。

6. 当社は、前項の規定によらず、次の各号の事由に該当する場合は、当該第三者に提供する場合がございます。
(1) 当サービスの提供のため 提携事業者
(2) 合併その他の事由による事業承継 事業承継先
(3) 個人を識別できない形式に加工した統計データを分析・マーケティング等するため 分析、マーケティング等を行う事業者
(4) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令に定める事務を遂行することに対して協力する場合 当該団体等
(5) その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合 関係する第三者

7. 当社は、本条の規定により収集する情報について、前各項の規定に従う他、個人情報に該当する情報は、個人情報保護法その他の関係法令に従って管理します。

8. 当社は、サービス利用者から、個人情報保護法の規定に基づき個人情報の開示を求められたときは、本人からの請求であることを確認のうえ、当該サービス利用者に対して、遅滞なく開示いたします。ただし、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。

9. 当社は、本条の規定により収集する情報について、理由の如何を問わずサービス利用者が当サービスの利用を終了した場合においても、一定期間保有するものとします。ただし、当サービスの利用終了後、サービス利用者本人から消去を求められた場合、当社が当該請求に応じる必要があると判断したときは、サービス利用者本人であることを確認したうえで、遅滞なく当該本人に関する個人情報を消去し、その旨を当該本人に通知いたします。

10. 当社が、本条の規定により収集する情報についての質問、苦情その他のお問い合わせは、当社サポート窓口で対応いたします。サポート対応は、平日午前9時30分から午後5時までとし、土曜、日曜、祝祭日および年末年始等当社規定の休業日は対応を行わないものとします。

<サポート窓口>
IoTBASE株式会社「IoTCanvas問い合わせ窓口」
電話番号:03-4405-4928
メールアドレス:contact@iotbase.co.jp

第17条 (規約の変更)

1. 当社は、当規約を変更する合理的な事由があると判断したときは、事前に利用者に通知することなく、当規約を変更できるものとし、変更された規約は、当社ホームページまたは当サービスのウェブサイトに掲載された時点で効力を生じるものとします。

2. 前項の規定にかかわらず、当規約の変更が重要な条件の変更にあたる場合は、当社は、変更の14日以上前に、変更後の規約の内容を利用者に対して通知を行うものとします。

3. 利用者は、変更後の規約に同意しない場合は、前項の通知後、変更の効力が生じるまでに、当サービス利用契約を終了することができます。ただし、利用者および当該利用者が登録した利用対象者が、当規約の変更後に当サービスを利用した場合には、かかる変更に同意したものとみなします。

第18条 (地位または権利の譲渡)

1. サービス利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、当規約および当サービス利用における契約上の地位または権利を第三者に対して譲渡、移転、貸与、担保設定その他の処分を行うことはできません。

2. 当社は、当サービスにかかる事業を他社に譲渡(会社分割、事業移転を含みます。)した場合は、当該事業譲渡に伴い、サービス利用上の地位および権利、第16条の規定により収集したすべての情報を、当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録利用者は、かかる譲渡につき予め同意したものとします。

第19条 (分離可能性)

当規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、当規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第20条 (反社会的勢力の排除)

1. 利用者は、自己が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

2. 当社は、利用者が反社会的勢力に属すると判明した場合は、催告をすることなく、当該利用者の登録を抹消し、当サービスの利用を拒絶することができます。

3. 前項の規定により利用者が登録抹消され当サービスを利用できなくなったことにより損害を被った場合においても、当社は、その名目を問わず、登録抹消に関し利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第21条 (準拠法および管轄裁判所)

1. 当規約および当サービスに関する準拠法は、日本法とします。

2. 当規約および当サービスの利用に関し、当社とサービス利用者との間に生じた紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

平成30年9月1日 制定
平成31年6月1日 改定

expand_less