2019年10月24日 機能アップデート

当社IoTサービスがLTE-M通信に対応したIoTデバイス 「GPSマルチユニット」に対応しました

Pocket

IoTクラウドの提供で企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)は、IoTBASEが提供するIoTサービスと京セラ株式会社が提供するIoTデバイス「GPSマルチユニット」の接続対応を行ったことをお知らせします。

GPSマルチユニットについて

GPSマルチユニットは、内蔵のGPSと3つのセンサーで人・物の位置追跡や状態監視が手軽に実現できるデバイスです。ご利用いただくシーンにあわせた、柔軟なカスタマイズを想定して設計されています。

GPSマルチユニットの特長

・安心の長時間稼動

消費電力が少なく、広範囲で通信が可能な「LTE Cat.M1※1」に対応。1,500mAhのバッテリーを搭載しているため、頻繁に充電する必要がなく、いざという時の電池切れを減らします。

※1 3GPPがリリース13で規定したLPWA用無線通信規格

・位置測位と温湿度センシング

GPS、GLONASS、みちびきによる位置情報に加え、温度、湿度、加速度の各センサーも搭載。位置情報だけではなく、環境データもあわせて計測、収集できます。

・外部機器に接続し用途を拡張

汎用インターフェースのUARTとUSBに対応し、お客様の既存の機器やデバイスなどとも簡単に接続してIoT機器としてご活用いただけます。

活用事例

【物流】車両や作業員の位置情報管理
【見守】高齢者や子どもの宅内・宅外の見守り
【工場】機器の稼働状況や環境センシング
【ビル】オフィス・ビル設備の遠隔監視
【建設】機械・機器の盗難防止、建造物の倒壊監視

「GPSマルチユニット」紹介サイト

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/iot/products/gps_multiunit.html

IoTBASEは、メーカー・通信・卸売などの各分野の事業会社とのパートナーシップを推進しています。今後も、パートナー企業の皆様ともに、IoTを活用した課題解決や企業のデジタル変革に取り組んで参ります。

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

expand_less