2019年7月31日 プレスリリース

LPWA通信を利用したフジクラ社のIoT車両管理トライアルに「スマートマップ」をご提供

Pocket

IoTクラウドの提供で企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)は、株式会社フジクラ(本社:東京都江東区、取締役社⻑:伊藤雅彦、以下フジクラ)とキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社⻑:頼定誠、以下キャンピングカー(株))が 2019 年 4 月 26 日から6 月 30 日までの期間行う「Cat.M1(カテゴリーM1)」通信を活用したトライアルにおいて、IoT に特化した地図サービス「スマートマップ」を提供いたしました。

今回のトライアルでは、キャンピングカー(株)のレンタル事業における顧客サービス向上と業務効率化を目的として、IoT 向けの通信規格として注目される「Cat.M1(カテゴリーM1)」を活用した GPS トラッカーで車両の移動データを取得し、キャンピングカーの稼働管理に関する課題解決を行いました。

<スマートマップ製品紹介>https://iotbase.jp/application/smart-map/

<フジクラのプレスリリース> http://www.fujikura.co.jp/newsrelease/other/2058824_11549.html

<キャピングカー(株)のニュースリリース> https://camping-car.co.jp/info36/

背景と目的

近年、日本国内でもキャンピングカー旅行を楽しむ方々が増えてきていることや、インバウンド観光客の間でキャンピングカーを利用した国内周遊旅行の人気が高まってきていることなどを受け、レンタルキャンピングカーに対するお客様の需要が増加しています。そのような中、キャンピングカーのレンタル業務を手掛けるキャンピングカー(株)では、レンタル需要の増加に応じて、レンタルという態様に特有の様々な課題(*)が浮き彫りになってきていたことから、その効果的な解決策を模索していました。今回のトライアルでは、フジクラのGPSソリューションと、IoTBASEが開発・提供するスマートマップを活用することで、キャンピングカー(株)の抱えるそれら課題を解決すると同時に、同社の運営する「くるまの旅ナビ」(おでかけアプリ・Webサイト)の情報コンテンツを強化し、AIによる最適なお出かけ先の提案など、お客様がより楽しくキャンピングカーで旅行されるよう支援することを目指します。

今回、車両の位置情報をリアルタイムに把握することで返却時間の遅延等を把握するほか、事故・トラブルの発生場所の把握による迅速な対応といった用途に活用することを目的としトライアルを行います。

<レンタル業務の課題>
・渋滞等による返却時間の遅延を把握し、スタッフのオペレーションを効率化したい。
・事故・トラブルの発生場所を正確に特定し、より迅速な対応を行いたい。
・営業所ごとに配置されている車種、台数を最適化したい。

トライアルについて

<実施期間>  :2019年4月26~6月30日
<実施場所>  :日本国内各所
<ハードウェア>:キャリア系のLPWA(Cat.M1) GPSトラッカー(フジクラ開発・提供)
<ソフトウェア>:IoTに特化した地図サービス「スマートマップ」(IoTBASE開発・提供)

<実証内容>
①キャンピングカーにGPSトラッカーを搭載する。
②車両の位置は常にパソコン、またはスマートフォンで確認することができる。
③エリアを設定し、エリア内の出/入時にメールを指定したメールアドレス宛てに送信する。
④トラブルが発生したときはGPSトラッカーにある「通知ボタン」を押すことで位置をマップ上で確認できるリンク情報と共にメールが発信され、それにより迅速に場所を確認する。
⑤位置情報は1分毎にサーバに蓄積される。(*GPSのデータの取得状況による)
⑥蓄積された位置データを分析する。
※利用者の承諾を得た上で位置情報を取得しています。

各社製品のご紹介

<GPSトラッカー>
フジクラが提供するキャリア系のLPWA(Cat.M1)の通信を利用した「みちびき(準天頂衛星システム)」に対応した小型・軽量、防水型のSIMフリーのGPSトラッカーで、高速移動時にも正確に位置情報を通知できるため、人、動物、物等の追跡や管理に限らず幅広い用途に使用することができます。

<ソフトウェア>
IoTBASEが提供する「スマートマップ」は、様々なIoTデバイスのセンサー情報を地図上で可視化し、モノや人の見守りや拠点や設備のモニタリングなどに活用できるサービスです。
製品情報:https://iotbase.jp/application/smart-map/

<Japan C.R.C.サービス概要>
キャンピングカー(株)が提供する「Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、新千歳C.R.C.、旭川C.R.C.、青森C.R.C.、福島郡山C.R.C.、成田C.R.C.、横浜C.R.C.、滋賀C.R.C.、大阪C.R.C.、京都C.R.C.、岡山C.R.C.、山陰鳥取C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。
JAPAN C.R.C.予約サイト:https://japan-crc.com/

<キャンピングカー>
今回のトライアルでは、レンタル向けに設計されたJapan C.R.C.オリジナル車両『ロビンソン(Robinson)』シリーズ 771や106をはじめ、国内・外のユーザーに人気の車種に対象を絞り、GPSトラッカーを搭載しました。

今後の展望

企業のデジタル変革への注目が集まるなか、車両情報の可視化やデータ活用による業務効率化ニーズが増えています。これまで当社は、地図上に様々なIoT情報を表示する「スマートマップ」を提供してまいりましたが、車両管理への高いニーズにお応えするため、機能を拡張したIoT車両管理サービス「ヴィークルマップ」を発表し、2019年9月よりご提供開始することと致しました。
ヴィークルマップは、当社の既存IoTサービスを拡張開発しているため、他社製品と比べ、リーズナブルな価格で品質の高いサービスをご提供することができます。今後はヴィークルマップの提供を通じて、IoTを活用した車両管理ニーズに応えてまいります。

<ヴィークルマップ製品紹介>

https://iotbase.jp/application/vehicle-map/

<ヴィークルマップ発表プレスリリース>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000022569.html

各社概要

・会社名: IoTBASE株式会社
・URL:  https://iotbase.co.jp/
・代表者: 代表取締役 澤和 寛昌
・事業所: 東京都豊島区南池袋2-35-10 レインボービル5F
・事業内容:IoTシステムの企画・開発・提供及びコンサルティング

・会社名: 株式会社フジクラ
・URL: http://www.fujikura.co.jp/
・代表者: 代表取締役社⻑ 伊藤 雅彦
・所在地: 東京都江東区木場1−5−1
・事業内容:光ファイバ・ケーブル、光部品・機器、フレキシブルプリント配線板、コネクタ、自動車
電装部品、サーマル製品、産業用電線、配電・⺠需部品の製造販売

・会社名: キャンピングカー株式会社
・URL: https://camping-car.co.jp/
・代表者: 代表取締役 頼定 誠
・所在地: 東京都千代田区神田神保町 1-24 ハクバビル 3F
・事業内容:キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業 IoT 事業/ペット事業/防災
事業/防犯事業/インバウンド事業 他

【プレスのお問い合わせ先】

IoTBASE 株式会社
担当:山崎
TEL:03-4405-4928 E-mail:contact@iotbase.co.jp

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

expand_less