2019年7月12日 プレスリリース

IoT領域での新規事業を共創する「IoTビジネス共創プロジェクト」の提供開始

Pocket

〜両社のアセットを持ちよりパッケージ製品を共同開発〜

IoTクラウドの提供で企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)は、IoT領域で新規事業の創出を目指している企業様とIoTビジネスを共創する「IoTビジネス共創プロジェクト」を始動しましたことをお知らせします。

​■IoTビジネス共創プロジェクトとは

「IoTビジネス共創プロジェクト」は、IoTビジネスを推進している企業様と共に、リスクを抑えながら、スピーディに新たなIoTビジネスを生み出すことを目的とした共創プロジェクトです。両社のアセットや強みを持ち寄り、IoTパッケージ製品を共同開発することで新たな価値を生み出し、両社のチャネルへ展開します。

サービスサイトURL:https://iotbase.jp/partner/co-creation/

■背景

IoTビジネスは、デバイス、ネットワーク、インフラ、アプリケーション、サービス運用など様々な要素が組み合わさり、連携することが求められます。しかし、IoT市場という未知の市場に対して、プロジェクトに掛けられる人員や予算などには限りがあり、これら全てのレイヤーを一社単独で構築するのはハードルが高いのが現状です。
このような限られたリソースの中でも、リスクを抑えながら、スピーディにIoTビジネスを創出するために、IoT共創プロジェクトを始動しました。

■プロジェクト参画のメリット

(1)低コスト&スピーディにIoTビジネスを構築できる
IoTBASEのIoTプラットフォームやアプリケーションアセットをご活用いただくことで開発費を抑えながら、スピーディにアイディアを形にできます。

(2)サービスとしてそのまま活用できる標準アプリケーションを活用できる
自社ブランドとしてそのままご提供いただける標準アプリケーションを用意。
標準アプリケーションをカスタマイズし、専用アプリとしてご提供いただくことも可能です。

(3)要望にあった柔軟なビジネスの組み方が可能
ご要望やニーズ、ご予算などをヒアリングさせていただき、両社にとって最適な組み方をご提案いたします。両社で開発投資を行い、パッケージを共同リリースすることも可能です。

■構築できるサービス例

・インフラ系
インフラ監視、防災管理、ゴミ残量管理、デマンドバス管理 等

・GPS位置系
子ども見守り、高齢者見守り、作業員管理、資産管理、車両管理、ペット見守り 等

・現場業務系
設備保全監視、建築/工事現場管理、来客人数管理、交通量調査 等

・状態監視系
登山・スポーツ、屋内外測位、鳥獣わな監視、スマートホーム 等

■IoTBASE 標準アプリケーション

・IoTトータルプラットフォーム「IoTBASE」

https://iotbase.jp/

・IoT×地図サービスなら「スマートマップ」

https://iotbase.jp/application/smart-map/

・IoT乾電池MaBeee対応アプリ「スマート電池」

https://smart-denchi.jp/

■今後の展望

IoTBASEは、IoT特化のクラウドサービスの提供など、これまで多くのIoT製品やサービスを提供してきました。IoTビジネスを推進している企業様と共にIoTビジネスの新たな価値を生み出し、IoT市場の可能性を広めていきたいと考えています。

■IoTBASE株式会社概要

会社名:IoTBASE株式会社
URL:https://iotbase.co.jp/
代表者:代表取締役  澤和 寛昌
所在地:東京都豊島区南池袋2-35-10 レインボービル5F
主な事業内容:IoTシステムの企画・開発・提供及びコンサルティング

【プレスのお問い合わせ先】

IoTBASE株式会社 担当:青山
TEL:03-4405-4928 E-mail:contact@iotbase.co.jp

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

expand_less