2019年7月5日 プレスリリース

スマートマップがIT導入補助金の対象ツールに認定

Pocket

中小企業のIoT導入・デジタル変革をサポート

IoTクラウドの提供で企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)が提供するIoT×地図サービスアプリ「スマートマップ」は、経済産業省が推進する「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)」において対象ツールに認定されました。「スマートマップ」は、介護・医療・保育をはじめとする様々な業種において、対象者の見守りに活用でき、IT導入補助金のITツール「業種固有プロセス(支援系)」に該当します。
この度、IT導入支援事業者向けに卸売販売を開始し、IT導入補助金を活用して広く中小企業に導入、提供可能になりました。補助額は最高450万円です。

スマートマップとは

「スマートマップ」とは、様々なセンサー情報を地図上に可視化することができる、IoTBASEの機能群を活用したiOS/Android対応の地図サービスアプリケーションです。子どもや高齢者の見守り、車両管理などさまざまなユースケースに対応できます。
LoRaWAN、Sigfox、ZETA、ELTRESなどの非キャリア系LPWA回線や、LTE-Mなどのキャリア系LPWA回線など様々な通信回線に対応しており、取得できるセンサー情報は多岐に渡ります。iOS/Androidアプリ、Webアプリ、管理画面を提供しているため、様々な現場でスピーディーにIoTを導入することができます。

〈スマートマップ紹介ページ〉

https://iotbase.jp/application/smart-map/

スマートマップの特徴

(1)使いやすいUI
地図に特化した直感的なUIで、初めてでも簡単に操作可能

(2)多様なセンサーとユースケース
高齢者・子ども・モノの見守り、設備の状態監視など幅広く応用可能

(3)主要なLPWAをカバー
複数の通信規格から目的やユースケースに応じて最適なものを選択可能

(4)管理画面でかんたん運用
通信端末の数が増えても管理画面で一括管理

センサー例

スマートマップご利用シーン

・事業者向け
動線分析/インフラ監視/営業車両管理/工場内の可視化/水道量の遠隔検針/映像監視

・自治体向け
防災(被災者救助)/斜傾・斜面監視/デマンドバス/街灯管理/水位監視/公共施設管理

・コンシューマ向け
子ども見守り/高齢者見守り(屋内)/ペット見守り/貴重品・鍵管理

IT導入補助金とは

生産性向上のため業務プロセスの改善と効率化に資するITツールを導入する中小企業は、導入費用の一部の補助を受けられます。

(1)補助率

1/2以内

(2)補助額

A類型40万円〜150 万円 B類型150万円〜450 万円

(3)交付申請期間

2019年7月17日(水)11:00~2019年8月23日(金)17:00まで<予定>

(4)ITツール

A類型:業務プロセスと効率化プロセス・汎用プロセスから2つ以上
(業務プロセスから1つ以上は必須)

B類型:業務プロセスと効率化プロセス・汎用プロセスから5つ以上
(業務プロセスから3つ以上は必須)

✴︎スマートマップは業務プロセスの6.業種固有プロセス(支援系)に対応。

〈IT導入補助金サイト〉

https://www.it-hojo.jp/

【プレスのお問い合わせ先】
IoTBASE株式会社 担当:青山
TEL:03-4405-4928 E-mail:contact@iotbase.co.jp

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

expand_less