NEWSお知らせ

PRESS 2019年3月6日

LPWA対応のIoTアプリケーション構築プラットフォーム 「IoTBASE」の提供を開始

〜IoT事業拡大に伴い、社名もIoTBASE株式会社に変更〜

IoTアプリケーションの開発・サービス提供を行う株式会社LiveRidge(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌)は、LPWA対応のIoTアプリケーション構築プラットフォーム「IoTBASE」をリリースするとともに、2019年3月1日より社名をIoTBASE株式会社に変更したことをお知らせいたします。

■ IoTBASEとは

IoTBASEは、IoTアプリケーションで多く利用される汎用的なバックエンド機能を提供することで、アプリケーション開発を効率化するサービスです。クラウド上に用意された機能をAPIで呼び出すだけで利用できるので、サーバーの設計・開発・運用不要でバックエンド機能をアプリに実装することができ、工数削減によるコストカット・スピードアップに貢献します。

サービスサイトURL:https://iotbase.jp/

システム概要図

■リリース背景

IoT業界は2022年には11.7兆円を超える国内市場規模があるとされており、IoTに特化した通信方式や端末が登場し、様々なビジネスアイディアが生まれています。しかし、IoTアプリケーション開発には多大な時間やコストが掛かり、ハードウェア・ソフトウェア・回線など幅広い知見と経験が必要であることから、有用なサービスとして運用に至っているケースは多くありません。当社はこれらの課題を解決すべく、これまでIoTサービス提供で培ってきたノウハウを生かしたIoTアプリケーション構築プラットフォームを提供することで、IoTサービスを始めたい自治体・企業様のアプリケーション開発を効率化し、スピーディかつ低コストでサービスを開始できる環境を提供いたします。

■サービスの特長

(1)多彩なセンサー・多様な通信方式を接続サポート
Sigfox、LoRaWAN、LTE-M、NB-IoT等の多様なLPWA通信方式や、位置情報、温湿度、照度、ジャイロ、加速度、バッテリー残量等の多様なセンサーを接続サポートしているため、ご要望に合わせた自由な組み合わせでご利用いただけます。※通信方式、センサーは今後も拡張予定です。

(2)スピーディ&低コストでスタート
サーバー開発・運用不要でリッチなバックエンド機能をアプリに実装することができるため、スピーディ&低コストでアイディアを形にします。

(3)サーバー保持不要で運用負担を大幅低減
アプリケーションのリリース後もサーバーの運用は不要となり、工数を大幅に低減することができます。

■IoTBASEで構築できるアプリケーション例

・インフラ系 
 インフラ監視、防災管理、ゴミ残量管理、デマンドバス管理 等

インフラ系

・GPS位置系
 子ども見守り、高齢者見守り、作業員管理、資産管理、車両管理、ペット見守り 等

GPS位置系

・現場業務系
 設備保全監視、建築/工事現場管理、来客人数管理、交通量調査 等

現場業務系

・状態監視系
 登山・スポーツ、屋内外測位、鳥獣わな監視、スマートホーム 等

状態監視系

■社名変更について

当社は、2015年の創業以来、高齢者や子どもの見守りシステムを中心としたICT/IoTサービスを展開して参りました。中でも、複数のLPWA通信方式に対応したマッピングシステム「SmartMap」は、地図上に様々なセンサーデータを表示することができるサービスとして、自治体やインフラ事業者様を中心に導入が進んでおります。

この度、新サービス「IoTBASE」のリリースを機に、多様化するお客様の更なるニーズにお応えしていくことを宣言すべく、「IoTBASE株式会社」へと社名を変更いたしました。

新社名:IoTBASE株式会社

コーポレートサイトURL:https://iotbase.co.jp/

■今後の展望

今後は、新サービス「IoTBASE」を基軸として、様々なユースケースに対応したIoTソリューションの及びシステムインテグレーションサービスをワンストップでご提供して参ります。アプリケーション開発・導入事業者ならではの開発力と、産官学多様な顧客実績をもつ当社固有の機動力を生かし、お客様のIoTビジネスの”ベース”として、日本社会の課題解決に寄与していくことを目指します。

【プレスのお問い合わせ先】
IoTBASE株式会社 担当:青山
TEL:03-4405-4928  
E-mail:contact@iotbase.co.jp

CONTACT

ご依頼やご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

TOP